いつもお日様といっしょ

ハンドメイド作家でお直し屋さんもしています。おネコから元気をもらって?活動中!

  1. 絵本
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ブラスティラヴァ世界絵本原画展その2と”タキシード仮面”?!

ブラスティラヴァ世界原画展の特別展示として、スロヴァキア共和国の隣国・チェコ共和国の家庭用操り人形も
展示されています。
その1でも触れましたが、母国語での生活を制限されたことにより、人形劇も都市ではドイツ語やフランス語に
限られ、チェコ語での芝居は地方でしか許されない時期も経験されたようです。

この素朴な感じ!(20世紀前半)  (うらわ美術館案内ちらしより抜粋)
人形2
死神さんでしょうか?あんまり怖くないですね。
人形1
こちらは、少しデラックスな感じですね。(20世紀前半)
人形3
人形も興味深いですが、劇場もすばらしいです。
裕福な家庭では豪華なセットをまとめ買いし、慎ましい家庭では親たちが協力してひとつひとつ手作りしたそうです。舞台の土台を父がつくれば、母は人形の衣装を作ったそうです)
人形劇場






そういえば、我が家にも家族で作った操り人形がありました~。
「月に代わってお仕置きよ~!」と一世を風靡した、あのセーラームーンの”タキシード仮面”さんです。

娘(今年21歳)が幼稚園児の時に顔を紙粘土で製作。16年前になります。
母が衣装担当、父が靴担当で、作りましたー、大人二人は妥協なしでした。しかも真剣!
なつかし~!


タキシード仮面




はなしが脱線してしまいましたが、
あの人形劇「三国志」の人形を製作した人形作家の川本喜八郎さんは、パペットアニメーションで著名なイジ―・トゥルンカに師事する為にチェコ・スロヴァキアに渡られてアドバイスを受けられたそうです。
川本さんのお人形も展示されています。
三国志の諸葛孔明のお人形、素敵だったなぁ。(*注!諸葛孔明さんは展示されていません!以前ハマって欠かさず観てました。想いだしてうっとり。)


表紙

絵本もそうですが、操り人形も人を楽しませようと作られたものは、心にひびきます。
生活のしんどさも一時忘れさられ、明るい前向きな気持ちに変わっていくような気さえします。
それが、メッセージなんですね。うん、伝わるものなんですね、やっぱり。


いつもありがとうございます


人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.08.15 (月) 07:35
  2. URL
  3. あいあーと
  4. [ edit ]

家庭用人形劇には決められたストーリーはなかったそうです。だとするとサイコドラマのようなドロドロしたお話が誕生したのかも!

なによりも、タキシード仮面人形がステキです。才能一家ですね
  1. 2011.08.15 (月) 14:19
  2. URL
  3. okakasun
  4. [ edit ]

つい、なつかしくなってタキシード仮面を登場させてしまいました。
ブラスティラヴァのお人形も家庭では手作りされていた、という事を聞いて、つい。嬉しくなってしまいました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

ハンドメイド作家でお直し屋さんもしています。おネコから元気をもらって?活動中!

okakasun

Author:okakasun
テキスタイルデザイン~染色~パターンメーキング~縫製と、家庭内工業?でがんばっております。
バッグ、アクセサリー、婦人服etcを作る"SOPO"のブログです。
欲張って、絵本の製作にもチャレンジしてます。

"さび猫"お嬢""キジトラ・こまサバトラ・しおサバトラ白・かん男子猫の友情出演もあります。

アルバム

メールフォーム

ご注文、ご質問等ございましたら、なんなりと~どうぞ、です

名前:
メール:
件名:
本文:

Category Bar Graph